面皰跡って何を食べれば治るの?

にきび跡とは、にきびができた後に起こる赤みやシミや隆起・陥没のことです。

 

にきび跡が赤く残るのは、人肌の内でにきびが炎症を起こしているためです。約2要因スパンほどで通常は治りますが、治す手法としては、
ディナーから抗酸化力のあるビタミンCを積極的に摂ることです。赤いにきびが悪化して炎症を起こしシミする場合は多いので
その場合もビタミンCを摂取することはハード効果があります。

 

シミの素であるメラニンのプロダクトを抑制する効力があり、
また、生まれたメラニンをもうすぐ薄くする効果もあります。ビタミンCはイチゴやレモンなどの果実及びキャベツやピーマン、ジャガイモなどの野菜に手広く含まれています。
また、ディナーで治す手法としては、表皮のプロダクトを助けるビタミンB2を摂取することも効果的です。ビタミンB2は卵やホウレンソウに数多く含まれています。

 

さらににきびの炎症が真皮まで達すると、陥没したにきび跡が残ってしまいます。
真皮には、コラーゲン、エラスチン、セラミド、ヒアルロン酸などがありますので、これらを摂取する結果にきび跡を改善することは可能です。
断然コラーゲンがバックアップで、これは、フカヒレやゼラチン、手羽先々、牛すじ肉などに手広く含まれています。
ディナーを見直す結果、にきび跡の刷新をしていきたいものですね。